鍼特有の「ひびき感覚」を生じる筋膜鍼 Verum Acupuncture を提供しています。


鍼が痛み、うつ、疲労などの慢性症状に有効であることが大規模臨床研究により示されてきました。がんの化学療法による悪心や嘔吐を改善させることも示されています。


なぜこのような変化が生じるのか今のところ分かっていませんが、鍼は内因性オピオイド系を活性化させたり、炎症を鎮めたり、末梢の神経伝達物質の活性や、脳独自のネットワーク構造と機能の変化を生じさせることがはっきりしています。


神経痛、関節痛、肩こり、五十肩、腰痛など慢性的な痛みやこわばりの治療にご利用ください。

特に筋膜鍼を試してほしい症状

① 関節のこわばりや痛み
② 脊柱管狭窄症による腰や太腿の痛みやしびれ
③原因不明の肛門痛

申し訳ないほどよくならないケースもありますが、改善傾向を示す患者さんが多い印象があります。

鍼の利用をおすすめする3つの理由

①安全性が確立されている:

鍼はとても安全な療法であることが証明されており、最近アメリカで問題となっているオピオイド危機のような事態が生じる心配がありません。

②費用対効果が高い:

複数の費用対効果研究で従来医療に鍼を加えると医療費が抑えられることが示されています。

③長期間の効果が期待できる:

鍼で痛みが消失した場合、長期間(6〜12ヶ月)の持続効果が期待できます。

スタッフ

 田中 努 鍼灸師

国立沼津高専機械工学科卒。2001年に鍼灸師免許登録。03年から生活習慣病治療施設 保坂内科クリニックに糖尿病療養指導士として勤務。

             スタッフ紹介はこちら→

(女性スタッフもおります)

新着情報&鍼灸コラム

アクセス

富士市石坂380-1 

ゴルヴァティーク1F 

広見児童館 南側

TEL 090-8502-0256 (予約制)

詳細な案内はこちら