朝霧高原治療院は西富士道路広見I.Cから車で5分、広見児童館南側にある鍼灸の専門施設です。

保健所管轄の「施術所」として、痛み、こわばり、しびれといった慢性症状の管理や、自律神経失調症における自律神経バランスの調整などを目的とした「施術」を行なっています。

慢性のこり、痛み、こわばりに

過去20年間に行われた研究は鍼灸が効く基本的なメカニズムや、鍼灸に効果が期待できる症状などを明らかにしてきました。

しかし鎮痛効果をはじめとする最新の鍼灸研究の成果は一般の人々はおろか、多くの医療従事者にさえ知られていません。その上、国家資格でありながら健康保険の利用は制限されており、だれもが気軽に鍼灸の恩恵を受けられるような環境が整っているとは言えません。

そこで当院ではまず症状や生活習慣などの聞き取りを行いながら、鍼灸に一定の効果が得られそうな患者さんに3回の鍼灸を試してみて、良好な結果が期待できそうな感触が得られたら4回め以降の施術を継続するようにしています。

鍼灸の効果

慢性の痛みに関する臨床研究に参加した総勢20,827人のデータをメタ解析した結果、持続的な鎮痛効果が明らかになったため 1、鍼灸は痛みの治療に最もよく利用されています。

そのほか現代医学で改善が困難な症状に対するこれまでの研究が検討され、鍼灸に効果が期待できる症状が明らかになってきています2,3


痛み関連

(1) 片頭痛 (2) 頭痛 (3) 慢性腰痛 (4) 月経痛

(5) がん性の痛み (6)変形性膝関節症

 (7) 慢性前立腺炎 など、慢性の痛み全般


ウエルネス関連

(1) 不眠 (2)  月経前症候群

(3) むずむず脚症候群 (4) つわり

(5)アレルギー性鼻炎 など


メンタルヘルス関連

(1) うつ  (2) 統合失調症 (3) 不安神経症 など


「ずしん」とひびく特有の感覚

伝統的な鍼灸教科書である「鍼灸聚英」や「鍼灸大成」には「鍼特有の重だるいひびき感覚が病の原因となる邪気を除くことにより、気血の栄衛を促し、疾病を治す」と述べられています。

最新の研究でもひびく鍼では慢性の痛みで生じている脳の異常な機能的結合の変化や 4、オピオイド受容体の結合能の改善などにより 5 持続的な鎮痛効果に寄与することが分かってきており、現在も欧米の大学を中心に研究が進められています。

当院ではこれらの研究結果に基づいて痛気持ちいい「ひびき感覚」を生じさせる鍼(Verum Acupuncture)を行っています。

鍼灸研究で得られた正しい知識に基づいて鍼灸を行えば、慢性の痛みなど上記の症状に対して通常何らかのポジティブな結果をもたらします。鍼灸開始後は週1〜2回の施術をしばらく連続して行い、鍼の蓄積効果 cummlative effect を得る必要があります。

症状が軽減されてきたら施術の間隔を延ばしながら良好な状態をコントロールしていきます。

痛みに敏感な患者さんの場合、施術の頻度や鍼刺激の量が少ない方がよりよい効果が期待できることが分かってきています。施術を受けて鍼が痛いと感じる場合には我慢せず、必ずその旨を伝えてください。

鍼の太さ

当院で使う鍼は日本製滅菌済み使い捨てステンレス鍼で直径 φ0.20〜0.30mm。髪の毛の約2倍、裁縫針の4分の1ほどの太さです。

手にすると弾力性があり、ちょうど先の尖った松の葉をつまんだような感じです。

按腹(はらとり)

お腹に蓄積したコリを指先で深く探りながら少しずつていねいにほぐしていきます。副交感神経を活性化させて心身をリラックスさせたり、免疫を高める効果があると考えられています。

はらとりとも呼ばれる按腹は鍼灸の専門家らによって古くから行われ、藤林良伯「按摩手引」、太田晋斎「按腹図解」といった伝統的な教科書が現代語に翻訳されています。

戦時中の人道的な功績によってオランダ王室からオレンジナッソー勲章を受勲したフィンランド人指圧師のフェリクス・ケルステンも類似のテクニックを使っていたようです。

定期的に通ってらっしゃる患者さん方に好評です。按腹もしてほしい、という方はおっしゃってください。

療養費

初検料 ¥1,660

鍼灸 ¥6,000

鍼のみ ¥4,800

往療料 ¥1,700〜(歩行が困難な方)


☎︎090-8502-0256 又は予約フォームでご予約ください。

無資格者による整体やもみほぐしが普及し、骨折や神経損傷といった深刻な健康被害のクレームが消費者庁に多数寄せられているため、消費者庁が法的資格制度のない「整体」「リラクゼーションマッサージ」「カイロプラクティック」などの利用について注意を喚起しています。

新着情報&鍼灸コラム