治療院紹介

1. 最新の鍼灸論文を参考に「慢性の痛み」の軽減に取り組んでいます。

慢性の痛みの軽減に貢献するため、解剖学と最新の鍼灸論文に基づいた科学的な鍼灸に取り組んでいます。

鍼灸研究会であるSociety for Acupuncture Research (SAR)の年次集会などで発表された鍼灸の大規模臨床研究やシステマチックレビューを参考に、最新の鍼灸作用メカニズム研究と解剖学に基づいた科学的な鍼灸を行っています。

2. 衛生、安全、有効性に配慮し、質の高い指圧、鍼灸の提供に努めています

施術前に手洗い、刺入部位の消毒をします。

気胸や神経損傷などの有害事象防止のため危険部位は超音波(エコー)で確認し安全に刺鍼します。

日本製のディスポーザブル鍼のみ使用し 「クリーンニードルテクニック」で刺鍼しますので感染症のリスクはありません。(写真 D)


有効性に配慮し、高い鎮痛効果が期待できる筋膜鍼(Verum Acupuncture)と電気鍼(Electric Acupuncture)を、痛みに敏感な方には円皮鍼(Sham Acupuncture )を行っています。


3.「糖尿病療養指導士」として脳卒中などの予防に必要な生活習慣病の自己管理をサポートします。


糖尿病教育に携わった15年の経験を活かし、患者さんが脳卒中や腎不全などの合併症を予防できるようサポートしています。


スタッフ

当院のスタッフは厚生労働大臣認定養成施設で3年間学び、はり師、きゅう師の国家試験に合格し、国家資格を取得しています。

衛生、安全、有効性に配慮し、業界最高水準の鍼灸が提供できるよう、科学的根拠に基づく鍼灸の知識と技術の研鑽に努めています。
田中 努 鍼灸師

国立沼津高専機械工学科卒。2001年に鍼灸師免許登録。2003〜2019年まで生活習慣病治療施設 保坂内科クリニックにて糖尿病療養指導を担当。朝霧高原治療院代表。趣味は合気道です。

植松好野 鍼灸師

富士市立中央病院の臨床検査技師として長年医療に携わり、鍼灸に興味をもったことから鍼灸師の国家資格を取得。趣味は登山です。

足立貴子 鍼灸師 (育児休業中)
当院では鍼灸師を随時募集しています。楽しく鍼の勉強を続けたい方。年齢は不問です。求人フォームに氏名、生年月日、住所、免許の種類、電話番号を入力してください。
またSlackというアプリを使った鍼灸英語論文の輪読会を常時行なっており参加者を募集しています。全国から参加できます。鍼灸関連論文の数は臨床を行いながら1人で読むには多くなり過ぎてきています。一緒に読みましょう。参加希望の方はメールでご連絡ください。

治療院あらまし

2001年4月〜朝霧高原で指圧を開始。

2012年11月〜富士宮市猪之頭で鍼灸と指圧の朝霧高原治療院開設。

2014年11月〜富士宮市上井出見返のドームハウスに移転。超音波(エコー)導入。

2017年7月〜富士市石坂に移転。

朝霧高原治療院

富士市石坂380-1

 ゴルヴァティーク1F

090-8502-0256 (予約制)