こころや脳の働きが全身にひろがる痛みを生み出す仕組み

朝霧高原治療院の田中です。毎週月曜日と火曜日は山梨大学で鍼の研究をさせてもらっていますが今日も行ってきました。我々が注目しているのは鍼が脳の扁桃体という感情や痛みに関連があるといわれる脳部位に及ぼす影響についてです。

たまたま今日鍼灸師のSNSグループに慈恵医大から「異所性疼痛と扁桃体中心核のニューロンの興奮との間に関係がある」という論文が出た、という投稿がありました。

これです↓

https://research-er.jp/articles/view/97448

線維筋痛症など、原因が分からない痛みに長年苦しめられている患者さんは大勢います。そういった辛い症状に鍼が役立つ場合があることが少しずつ知られてきていますが、そのメカニズムは十分には分かっていません。

今後も好きな鍼で社会貢献できるように研究と臨床、どちらにも精一杯向き合っていきたいと思います。

しつこい慢性のこり、痛みに 朝霧高原治療院 鍼灸

西富士道路広見I.Cから車で5分、広見児童館南側  厚生労働大臣免許第119017号 -東大病院 物理療法 (鍼灸) 部門 推薦鍼灸院- ウェブサイト最終更新日 令和3年3月31日

0コメント

  • 1000 / 1000