「頭の良くなる鍼を打ってください」

おはようございます。朝霧高原治療院の田中です。今朝も目が覚めるといつものように「新しい鍼の論文が出ましたよ〜」というお知らせがGoogleから通知されていました。

その中で興味をそそるタイトルのものがあったのでさーっと読んでみました。抄録だけですが。

鍼の仕事を長くしていると時々「頭のよくなる鍼ってないんですか?」と聞かれます。ふざけて言ってるのか本気で言ってるのか分からないし、何より自分もよく分からないので「さあどうなんでしょうねー?あったら自分に打ちたいです」なんて言ったりしていたのですが、まさにそういう研究がインドで行われたようです。

これ↓
Shetty, G. B., Jacob, J., Shetty, P., Mooventhan, A., Aryal, P., & Asha, B. K. (2020). Effect of acupuncture on cognitive task performance of college students: a pilot study, Journal of Complementary and Integrative Medicine (published online ahead of print 2020), 20200026. doi: https://doi.org/10.1515/jcim-2020-0026
Shettyらは18〜25才の学生60人を対象に10日間にわたって毎日鍼をする群、鍼をしない群に無作為に振り分けて、学生の認知機能に及ぼす鍼の影響について調べた。どちらの学生も始めた終わりにSix letter cancellation test で認知機能の評価を受けた。その結果、鍼をした群ではしなかった群に比べて認知機能の改善が見られたそうです。

自分に鍼打たなくちゃ。

しつこい慢性のこり、痛みに 朝霧高原治療院 鍼灸

西富士道路広見I.Cから車で5分、広見児童館南側  厚生労働大臣免許第119017号 -東大病院 物理療法 (鍼灸) 部門 推薦鍼灸院- ウェブサイト最終更新日 令和3年1月27日

0コメント

  • 1000 / 1000