腰痛に対する鍼の記事

最近の研究は鍼が長期および短期の両方で痛み止め、抗炎症薬、筋弛緩薬、理学療法よりも有効であることを示した。
Archives of Internal Medicine に発表されたある研究は「鍼を受けた患者は通常治療を受けた患者より日常生活動作に関わる能力を反映する機能不全スケールの有意な改善を示した。通常治療を受けた患者のグループが機能不全に対して39%の改善を示したのに対し、鍼を受けた患者のグループは60%の改善を示し、社会的機あるいは家事の実践といった日常生活が可能になった。
鍼を受けたグループの患者らは治療後1年が経過した後にも改善を示していた。これは腰痛に苦しんでいて正常な生活を求める患者にとってはビッグニュースだ。
Mayo クリニックの医師らも腰痛に対する鍼を支持している。ウェブサイトのエキスパートアンサーズの最近のポスト質問に対して、「トレーニングを積んだ鍼灸師が正確に鍼をする場合、鍼が腰痛に対する有効な治療であることは証明されている。複数の研究が慢性腰痛の緩和と日常機能の改善に役立つことを見出している」と回答している。
 
マリーランド医科大学で行われた研究レビューでは2100名の患者が参加した33研究の結果、「慢性腰痛の患者に対して鍼が痛みの軽減に対してかなり有効であることをこの研究は示している。またその痛みの軽減が真実のものであることも示されていて、これはプラセボ効果ではない。」と述べている。
東洋医学の理論は4千年前から不変であり医学研究は現代科学的なサポートを提供している。

しつこい慢性のこり、痛みに 朝霧高原治療院 鍼灸

富士市石坂380-1 ゴルヴァティーク1F (広見児童館 南側)  厚生労働大臣免許第119017号 -東大病院 物理療法 (鍼灸) 部門 推薦鍼灸院- ウェブサイト最終更新日 令和2年9月20日

0コメント

  • 1000 / 1000