アレルギー性鼻炎に対する鍼灸 その2

朝霧高原治療院の田中です。アレルギー性鼻炎に対する鍼灸の論文ですが、2010年のやつは「過去の臨床研究の被験者の人数が少ないため、鍼灸がアレルギー性鼻炎に対して効果があるかないかは分からない」みたいな結論だったので、一気に読む気が失せてしまい、別のを探したところ、2018年にドイツのシャリテ病院の同じグループが出した臨床研究の二次分析がありました。

これです↓

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6029641/

多分このBrinkhaus先生がラボメン代表→https://epidemiologie.charite.de/metas/person/person/address_detail/brinkhaus-1/

(二次分析とは→https://kotobank.jp/word/2次分析-2099843

さて。

やはりアレルギー性鼻炎に対して18%くらいの患者さんが鍼灸を試しているらしい。 ACUSAR (ACUpuncture in Seasonal Allergic Rhinitis) スタディという季節性アレルギー性鼻炎に対する臨床研究が行われ、鼻炎特異的QOLと頓服薬の使用量において有意な改善が示されたそう。

見つけたところで眠くなってしまったのでまた明日。

しつこい慢性のこり、痛みに 朝霧高原治療院 鍼灸

富士市石坂380-1 ゴルヴァティーク1F (広見児童館 南側)  厚生労働大臣免許第119017号 -東大病院 物理療法 (鍼灸) 部門 推薦鍼灸院- ウェブサイト最終更新日 令和2年9月20日

0コメント

  • 1000 / 1000