片頭痛と変形性膝関節症に対する鍼の効果とその持続期間について

朝霧高原治療院の田中です。今日は朝から雨だったし、することもあったので家でゆっくりしてました。

さて。鍼の新しい文献を検索していたら面白い論文が見つかりました。

これです↓

片頭痛と変形性膝関節症に鍼をするとよくなる患者さんがかなりいるし、これらに対する鍼の臨床研究では鍼がこれらの症状に対して有用であるといった結果がこれまでに多数報告されています。

この研究グループは過去に行われたこれらの症状に対する12研究、2450症例を検討したそうですが、面白いことが書かれていました。

本文は中国語らしいので詳しくは分かりませんが、鍼は片頭痛患者の健康的な感情を効果的に維持し、その効果は治療後3か月間持続することを見出したそうです。

片頭痛が改善して鍼を休止している患者さんに鍼の後の経過について確認してみたくなりました。

しつこい慢性のこり、痛みに 朝霧高原治療院 鍼灸

富士市石坂380-1 ゴルヴァティーク1F (広見児童館 南側)  厚生労働大臣免許第119017号 -東大病院 物理療法 (鍼灸) 部門 推薦鍼灸院- ウェブサイト最終更新日 令和2年9月20日

0コメント

  • 1000 / 1000