歯科手術における鍼灸の有効性

朝の続きです。「歯科手術における鍼灸の有効性」という論文。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32205274/

最初からつまづきました。

この↓英語がわからないのでGoogle翻訳。

 The objective of this crossover clinical study was to evaluate the effectiveness of Energy Regulation with Acupuncture in clinical occurrences in impacted lower third molar surgeries.

このクロスオーバー臨床研究の目的は、影響を受けた下顎第三大臼歯手術での臨床的出来事における鍼によるエネルギー規制の有効性を評価することでした。


わかったようなわからないような・・・

この抄録は不慣れな英語が多いので原文を残しながら読み進めていきます。


影響を受けた対照的な位置にある2本の第三大臼歯のある22名の患者からなるサンプルを2群:真のエネルギー調節群を伴うテスト群(TG)とエネルギー調節機能なしで鍼をするsham群とに分けた。

Methods: The sample consisted of 22 patients with two impacted third molars, in symmetrical position; divided into two groups: Test Group (TG) with Real Energy Regulation Group and Sham Group (SG) with Acupuncture without Energy Regulation function. 


抜歯は30日後に行った。

The extraction was performed 30 days apart. 


抜歯の前に行われたエネルギーの流れ(良導絡)とエネルギー調節が測定された。

Energy flow (Ryodoraku Method) and energy regulation performed before extraction were measured. 


心拍数(HR)と血圧(BP)がエネルギー調節後と手術後に評価され、残留浮腫が顔面測定(下顎から耳珠までの角度(A-T)、下顎から前陰唇交連(口角)までの角度(A-LC)、下顎から尾翼までの角度(A-WN)、下顎から目尻までの角度(A-CE)、下顎から顎までの角度(A-C)、口を開けたときの歯間距離により手術の前と7日後に測定された。

Heart Rate (HR) and Blood Pressure (BP) were evaluated before and after energy regulation and after surgery, residual edema was measured by facial measurements (angle of the mandible to tragus (A-T); angle of the mandible to labial commissure (A-LC); angle of the mandible to the wing of the nose (A-WN); angle of the mandible to the corner of the eye (A-CE); angle of the mandible to the chin (A-C); and mouth opening by the interincisal distance, before and after seven days of surgery. 


手術中の出血を数値化するため血液は生理食塩水と一緒にポータブルバキュームポンプアダプターで吸引された。

To quantify intraoperative bleeding (ml), blood was aspirated along with the saline solution using a portable vacuum pump adaptor. 


使用された生理食塩水の量は吸引された最終的な液量から差し引かれた。

The amount of saline solution used was subtracted from the final amount of aspirated fluid.


出血の平均はテスト群(TG)でより低かった(p=0..392)。

Results: Mean of bleeding was lower in TG (p = 0.0392). 


顔の距離において群間の有意差があった:A-LC(p=0.010)、A-WN(p=0.030)、A-C(p=0.008)。

There were significant differences between groups in facial distances: A-LC (p = 0.010), A-WN (p = 0.030) and A-C (p = 0.008).


真の鍼に伴うエネルギー調整は術後の残存浮腫および術中の出血を減らすのに有効だった。

Conclusion: Energy regulation with real acupuncture was effective in reducing postoperative residual edema and intraoperative bleeding.


ここまで。

よくわからなかった。

残念ですが・・・・まあこんなこともあるさ。

おやすみなさい。

しつこい慢性のこり、痛みに 朝霧高原治療院 鍼灸

富士市石坂380-1 ゴルヴァティーク1F (広見児童館 南側)  厚生労働大臣免許第119017号 -東大病院 物理療法 (鍼灸) 部門 推薦鍼灸院- ウェブサイト最終更新日 令和2年9月20日

0コメント

  • 1000 / 1000